弁護士法人駿河台法律事務所情報

債権回収業務、一般民事、刑事、家事事件、企業法務等の法律相談業務及び弁護士業務全般を行う駿河台法律事務所。

マイナンバーの個人向けサイト半年延期

マイナンバー制度の個人向けサイトの本格運用開始が予定より半年も延期され、2017年7月になるのだそうです。
この個人向けサイトは、「マイナポータル」といって、マイナンバー制度開始に伴って導入される情報提供等記録開示システムなのですが、まぁ、これまでのマイナンバーにおけるトラブルのことを考えると、延期することは当然でしょうね。
ここまで不安定なものを見切り発進させるのは、恐ろしいことです。

そもそもマイナポータルで何ができるのかというと、マイナンバー制度の透明性を高めるため、行政機関が情報をやりとりした履歴を本人が閲覧できるようになるとのことなのですが、もともと省庁間の情報連携開始が間に合っていませんし、半年で解決できるようなものではないと思うのですけどね・・・。

マイナポータルとは

行政機関がマイナンバーの付いた自分の情報をいつ、どことやりとりしたのか確認できるほか、行政機関が保有する自分に関する情報や行政機関から自分に対しての必要なお知らせ情報等を自宅のパソコン等から確認できるものとして整備します。例えば、各種社会保険料の支払金額や確定申告等を行う際に参考となる情報の入手等が行えるようになる予定です。 また、引越しなどの際の官民横断的な手続のワンストップ化や納税などの決済をキャッシュレスで電子的に行うサービスも検討しています。  なお、なりすましの防止等、情報セキュリティに十分に配慮する必要があることから、マイナポータルを利用する際は、個人番号カードに格納された電子情報とパスワードを組み合わせて確認する公的個人認証を採用し、本人確認を行うための情報としてマイナンバーを用いない仕組みを考えています。(2015年4月回答)