弁護士法人駿河台法律事務所情報

債権回収業務、一般民事、刑事、家事事件、企業法務等の法律相談業務及び弁護士業務全般を行う駿河台法律事務所。

北陸銀行において所在不明書類

北陸銀行で、顧客情報を記載した休眠口座の管理表や印鑑届などの書類が所在不明になっているのだそうです。


これは、「睡眠預金管理表」や「印鑑届」「諸勘定明細表」など、一定期間以上入金や出金のない休眠口座に関する書類の所在がわからなくなっているのだそうで、顧客から古い通帳に関する問い合わせを受け、調査したところ判明したのだとか。


詳しいところによると、46店舗において「睡眠預金管理表」が紛失しており、1984年から1993年までの書類、顧客約3600人分の氏名や住所、電話番号、勤務先、口座番号、残高などが記載されていたのだそうです。


また、それだけでなく23店舗では氏名や住所、電話番号、勤務先、印影など記載した休眠口座の印鑑届を紛失しているそうで、その数、約1万9500人分にのぼるそうです。


さらに休眠口座の解約時に顧客の氏名や支払額などを記録していた「諸勘定明細表」についても、21店舗で所在不明、約1万5000人分の情報が含まれるとのこと


北陸銀行では、いずれも不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明していますが、あまりにずさんな管理としか言えませんね。


関連する休眠口座の預金について、預金通帳や証書、預金者の本人確認書類があれば、従来同様、解約や払い出しを行うとしていますが、もっとしっかりとした対応を願いたいですね。

ポケモンGOに早くも偽アプリ


世界で爆発的に人気になっているスマホ向けアプリ「ポケモンGO」ですが、早くもウイルスが仕込まれた偽のアプリが出回っているようです。


これは、アンドロイド用アプリで、海外で「ポケモンGO」の正規版の配信が始まった直後から出回り始めたようで、見た目はまるで本物と同じようなのですが、アプリをインストールする際に、本来は必要がない電話帳やメールの送受信の情報にアクセスする許可を求めてくるそうです。


また、情報セキュリティー会社であるトレンドマイクロによると、「ポケモンGO」の偽アプリは、今月20日までに少なくとも43種類が見つかっているということで、くれぐれも注意しましょうね。


知らず知らずのうちに、個人情報やアドレス帳を盗まれてしまいますよ。

金正恩氏が金融制裁対象

アメリカ財務省が、北朝鮮における人権侵害の責任があるとして、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長を政権幹部や政府機関とともに、制裁対象に指定しました。


その他にも、崔富一(チェブイル)・人民保安部長ら当局者10人、国家安全保衛部など5組織を制裁対象にしたのだそうです。


これは、人権侵害を理由とした初の制裁でもあり、最高指導者の金氏が米政府の制裁対象となるのは初めてのことです。


今後は、米国内の資産を凍結、取引を禁止する措置を取るのだそうですが、制裁対象者が米国内に資産を持っていたり、米国を訪問しようとしたりする可能性は低いのだそうです。