駿河台

債権回収業務、一般民事、刑事、家事事件、企業法務等の法律相談業務及び弁護士業務全般を行う駿河台法律事務所。

マイナンバーカードを健康保険証、ポイント申請受け付けへ

マイナンバーカードを健康保険証として登録した人などを対象に6月30日から、ポイントの申請の受け付けが始まります。



これは政府が、マイナンバーカードの普及を図るため、カードを健康保険証として登録すると7500円分、国から給付金を受け取るための「公金受取口座」を登録すると7500円分のポイントを付与するもので、ポイントの申請については、金子総務大臣は記者会見で、来月30日から受け付けを始めることを公表していました。


カードを取得すると最大5000円分のポイントが付与される取り組みは、今年1月からすでに始まっていて、合わせて最大2万円分のポイントが付与されることになります。


申請の受け付けは来年2月末までで、カードの取得を9月末までに申請しておくことが必要。


政府は、来年3月までにほぼすべての国民にカードが行き渡ることを目標にしていますが、総務省によれば、5月15日時点で交付されたのはおよそ5611万枚、交付率は44%余りなのだとか。

宮城県でマイナンバーカード申請がまだの方必見!

総務省は、マイナンバーカード普及促進に係る取組の一環として、お出かけついでに気軽にマイナンバーカードの申請などが出来る「マイナンバーカード出張申請受付キャンペーン」を2022年4月16日(土)から全国で実施中。



現在、最大で20,000円分のマイナポイントがもらえる、マイナポイント第2弾も開始しており、マイナンバーカードの取得者がますます増加しており、本人確認だけでなく健康保険証としても利用できるなど、色々使えて便利になってきています。


宮城県内の追加実施会場

各会場では新型コロナウィルス感染症対策を実施した上で開催、開催場所の調整状況や新型コロナウィルスの感染状況等により「出張申請受付」及び「出張申請サポート」の開催を中止・延期、または実施内容が変更となる可能性がございます。
※詳しい開催場所、日時、当日の持ち物などは特設サイトにて順次公開。

大阪大学、4万人超の個人情報漏えい

大阪大学内に4か所ある宿泊施設の予約システムが不正にアクセスされ、利用者4万3000人余りの個人情報が消えていたのだそうで、大学側は情報が漏えいした可能性があるとして、今後の対応を検討しているのだそうです。





どうやら今月1日に情報セキュリティー関連の依頼をしている外部の業者から「不正アクセスを検知した」との連絡があり、大学が確認したところ、吹田と豊中の2つのキャンパスにあわせて4か所ある宿泊施設の予約システムに、平成29年4月からおよそ3年半の間に登録された4万3000人余りの氏名や電話番号などの個人情報が消えていたのだそうです。

この宿泊施設は、学外からの学会や合同研究の参加者だけでなく、海外から訪れた研究員などが利用しており、大学側は個人情報が漏えいした可能性があるとして、今後の対応を検討しているようですが、検討では生ぬるくないですかね?


現時点では、二次被害は確認されていないようですが、ひとまず予約システムを停止し、専用の窓口を設けメールで問い合わせ対応するとともに、連絡先を把握できた利用者に謝罪しているようで、大阪大学は「利用者に多大な迷惑と心配をかけることとなり、深くおわび申し上げる」とコメントしています。


やはり日本は、大阪大学だけに限らず、ことITに関しては弱すぎますよね。