弁護士法人駿河台法律事務所情報

債権回収業務、一般民事、刑事、家事事件、企業法務等の法律相談業務及び弁護士業務全般を行う駿河台法律事務所。

Acer、3万4500人の顧客情報が流出

海外での話なのですが、台湾のテクノロジー企業であるAcerがイバー攻撃を受け、2015年5月中旬から2016年4月下旬までのクレジットカード情報や氏名、メールアドレスなど約1年分のデータが流出したのだそうです。

データが流出した可能性のある顧客数は3万4500人にも及ぶそうで、顧客はアメリカ、カナダ、プエルトリコのユーザーのようで、そのユーザには既に流出したということを通知しているのだそうです。


また、韓国では、韓国の代表的なネットショッピングモール「Gマーケット」で、商品の配送に関する不満を書き込んだ顧客の個人情報が、販売店によってネット上でさらされたのだそうです。
どのような経緯なのかというと、Gマーケットを通して服を購入したという被害女性に店舗側から「商品がそろそろ届く」とのメッセージを受け取ったため宅配業者に確認したところ、発送すら行われていなかったのだそうです。
そこで「店側の言い分はうそなのでは」と疑う内容をネットに書き込んだところ、服の注文が一方的にキャンセルされ、ネット掲示板で名前や電話番号、家の住所まで公開されてしまったのだそうです。
これは、もう考えられませんね。



しかも、この女性は問題の販売店と直接の連絡が取れていないばかりか、個々の店を取りまとめるはずのGマーケット側の対応が「店には警告をし再発防止を約束する念書を受け取った」という程度のもので、まるでGマーケットには否がなく、販売店の問題にすぎないとの立場を取っているのだとか。


このような対応では、顧客からの信頼を得ることができないでしょうね。